スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

育毛剤と薄毛

薄毛が気になってきた方は、一度は養毛剤の使用を考えたことがあると思います。

養毛剤や育毛剤は確かに抜け毛・薄毛には有効だと思います。

何もしないより絶対にいいです。

しかしただ頭皮に塗布しているだけでは、育毛剤は真価を発揮しません。

ほとんどの方はお風呂上がりにささっと養毛剤を頭皮にふりかけて、
軽く頭皮にすりこんで、終わり。という方が多いようです。

これではせっかくの養毛剤がただのヘアトニックになってしまいます。

養毛剤は正しく使用してこそ初めてその効果を発揮できると思っておいてください。

ではどのように使用すれば一番効果的なのでしょうか。お風呂上がり使うことが
一番理想的だということは違いありませんが、付け方やマッサージ方法にも
注意しなくてはなりません。

まずは前頭部、側頭部、頭頂部という感じで、何回かに分けて養毛剤を塗布してください。

その後指の腹で頭皮全体になじませてください。こうすることによって
養毛剤が頭皮全体に行き渡りたります。その後、頭皮をマッサージするわけですが、
耳の上や横などを中心にマッサージをしてください。

この部分には、育毛に良いとされるツボが集中していますので、
養毛剤の効果が高まります。また耳の周りをマッサージすることにより、
頭皮の血行が良くなり、頭皮の温度も上昇するといわれています。

薄毛の原因の一つに頭皮の血行不良がありますので、
育毛剤+マッサージによって薄毛を改善させましょう。

スポンサードリンク

病院での薄毛治療

病院での薄毛治療について解説します。

『AGAは病院で』という言葉を最近耳にします。

※AGAとは男性型脱毛症のことを指します。

これはテレビコマーシャルの影響です。


お笑いコンビの爆笑問題がやっている AGAのコマーシャルは
かなりのインパクトです。


あのコマーシャルを見てしまったら、

薄毛の男性は自分も病院に行ってみようかな・・・・・

と思うと思います。

しかし、あのCMはあくまで病院側の宣伝です。

では病院ではどのような AGA治療を行っているのか・・・

この辺りを説明します。

実をいうと、多くの病院では専門的な薄毛治療は行っていません。

病院で行っている 平均的なAGA治療はプロペシア(フィナステリド錠)と
ミノキシジルによる薄毛治療です。

男性の薄毛の原因の多くは AGAなので病院にいくことは
AGAには有効です。


病院ではプロペシアとミノキシジルで男性ホルモンを抑制して薄毛の治療します。

医師のいう通り、治療していれば AGAはかなり改善しいく可能性は高いでしょう。

ただし、継続しなくては意味がありません。

それはプロペシアもミノキシジルも継続をやめてしまえば、
元の薄毛状態に戻ってしまうという薬剤ならではの性質があるからです。


ですので、病院で AGA 治療を受けることを決心したならば、
それと併用して自分自身での頭皮のケアを行うようにしましょう。

頭皮のケアとは正しいシャンプーと頭皮を柔軟に保つための頭皮マッサージ。

これらを病院での AGA治療と併用して行って下さい。

そうすれば頭皮状態はかなり改善されるはずです。


スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。